柔軟な手動の売買も代行も可能な株投資

株式取引には、自由に売買できるメリットがあります。誰かに代行してもらう訳ではありませんし、柔軟に取引できるのです。それだけに、投資信託などの商品よりはメリットが大きいと評価されている事もあります。

代行してもらう投資商品のデメリット

投資信託や自動売買などは、いわゆる「代行」してもらう商品になります。専門家や自動システムなどに売買を任せる訳です。
代行してもらう以上は、あまり頭は使いません。専門家に代行してもらう形になるので、専門知識がなくてもお金を増やす事も可能です。
しかし利益が生じるかどうかは、それこそ専門家に左右されるでしょう。売買成績があまり良くないと、元本割れになる事もあります。

自力で柔軟に取引できる

それに対して株式取引の場合、売買の方法を選ぶ事も可能です。株の場合は、基本的には自分で取引していく事になります。証券会社の取引システムなどにログインして、自分で考えて売買する訳です。
自分で考えながら取引する以上、やはり専門知識は求められます。売買手法なども勉強する必要はあるでしょう。
その代わり、臨機応変に取引できるメリットがあります。そもそも一旦誰かに売買を代行してもらう場合、簡単にはキャンセルできません。たとえ取引チャンスでなくても、売買してしまう可能性もあるのです。自分の判断で売買できない以上、臨機応変かつ柔軟に取引するのは少々困難でしょう。
その点自力の株式取引であれば、売買のタイミングなども自分で決める事ができます。

株も代行してもらう事は可能

ところで、実は株式投資にも自動売買というシステムはあります。専門業者に依頼する形になりますが、システムの株の売買をしてもらう事も可能なのです。ですから、株も代行してもらう事は可能ではあります。
代行システムによっては、それなりの利益を生み出してくれる事もあります。ただし利益が生じるかどうかは、それこそシステム次第です。優秀なシステムかどうかは、慎重に見極める必要はあります。

手動と代行の併用も可能

人によっては、手動と代行システムを併用している事もあるのです。基本的には手動で株式取引しているものの、余剰資金は代行システムに任せているトレーダーもいます。やり方は、人それぞれ異なるのです。
そして手動と自動の取引を自由に選べるのも、株のメリットの1つです。他の投資商品ですと、選べない事があります。あくまでも代行取引しか選べない商品もありますが、それでは少々不便です。その点、株なら自由に選ぶ事ができますので、とても取引しやすいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です