スキャルピングの取引も可能な仮想通貨

投資で売買している方々は、しばしばスキャルピングの取引をしています。かなり短期的な取引手法で、数日や数ヶ月も建玉を保有し続けることはありません。原則として数分ぐらいで決済しますが、状況によっては1分ぐらいで決済する事もあります。

スキャルピングの主なメリット

スキャルピングによる取引は色々あって、その1つは損失額です。そもそも建玉を長く保有し続けていると、含み損ができてしまう事もあります。いわゆる塩漬けと表現される事もありますが、長期的に含み損を抱えたままの状態になると、ストレスが溜まってしまう事もよくあります。
しかしスキャルピングの場合は、長期保有する事はまずありません。冒頭でも触れた通り短期的な売買になりますから、かえって損失額を限定できるケースも多いです。
スキャルピングは、短期的に大きく稼げるメリットもあります。そもそも長期売買の場合は、肝心の利益が発生するまで少々時間がかかってしまう事も多いです。数年ぐらいかけて、ようやく利益が発生するケースも少なくありません。
しかしスキャルピングの場合は、結果が出るのは早いです。せいぜい数分程度で結果が出ますから、短期的に稼ぐ事も十分可能です。

仮想通貨のメリットとスキャルピング

ところで投資取引を検討している方々は、しばしば仮想通貨に注目しています。仮想通貨は、上述のスキャルピングに関するメリットがあるからです。
そもそも資産運用したいなら、FXという方法もあります。いわゆる外貨商品の1つですが、ドルやユーロなどの外貨で取引する訳です。FXも、大きくお金を増やせる可能性を秘めています。
ただFXにはデメリットもあって、スキャルピングが認められていないケースも多いです。というのもスキャルピングの場合は、どうしてもサーバーに対する負担が大きくなってしまいます。サーバーの動作が不安定になるケースも多いので、スキャルピングが禁止されているFX業者も沢山あります。
しかし仮想通貨の場合は、そこまで厳しくスキャルピングが規制されている訳ではありません。実際、仮想通貨でスキャルピングの取引をしている方も多いです。ですからスキャルピングで取引したい時は、FXよりは仮想通貨の方が良いでしょう。
しかも仮想通貨の場合は、休日でも取引できます。FXの場合は平日限定の取引になってしまいますが、仮想通貨なら日曜日でも取引できますし、FXよりも便利という声も多いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です